TACOMA FUJI RECORDS TRAILS FOR ALES by GOOD BEER TAPS Tee

TACOMA FUJI RECORDS

良質な音楽の紹介を目的としたレーベル。

しかし、その実態は、
クリエイターがデザインやディスコグラフィーまでをも
創造した実在しない音楽のマーチャンダイズを
プロダクト化するレーベルです。

なので、当然音楽は売っていません。
が、レーベルの趣旨とは関係なく、
実在する国内外のグラフィックデザイナーや
アーティストのTシャツをリリースしたり、
実在するミュージシャンのグッズの企画や
製造、プロデュース等も行っています。

【TRAILS FOR ALES by GOOD BEER TAPS】
designed by Jerry UKAI

ポートランドの醸造所での下積みを終え、
地元ワシントン州WALLA WALLAに戻った
Zakk Lowe(ザック・ロー)は、
全米有数のワイン生産地である
地元でのビール文化の脆弱ぶりに愕然とする。

そして自身が愛してやまない、
クラフトビールの聖地ポートランドにあるような
ブリュワリーを地元で立ち上げようと決意する。

ダウンタウンのパブで働きつつ、
Bennington Lake湖畔の自宅ガレージでビールを作り始めると、
自分のタップルーム”GOOD BEER TAPS”をオープンするまでは
さほど時間はかからなかった。

幼い頃から自然豊かな環境で育ったザックが、
エールビール同様こよなく愛するのがトレイルランニング。

自宅からタップルームまでは湖畔を半周した後、
自作のトレイルコースを満喫しながら通勤するのが日課だ。

オープンと同時にGOOD BEER TAPSは盛況な日々が続く中、
休日のザックは引き続き自宅ガレージにおいて
そう多くないトレラン仲間とプライベートで醸造した
IPAを楽しんでいた。

強烈な苦味と鼻に抜けるフルーティな香りは
微妙にバランスを欠くものの、その不完全さが話題を呼び、
瞬く間に友人だけでなく彼のビールを愛する
GOOD BEER TAPSの常連客からも

「店でも開栓を!」

という声が相次ぐようになる。

その不完全さゆえ、
タップルームでの開栓には乗り気でないザック。
そこで彼は一計を案ずる。

「このIPAは俺の自作したトレイルを走破した奴だけが
呑めるビール。飲みたきゃみんなトレランやろうぜ」

この一言がきっかけで、
Bennington Lake湖畔はトレイルランナーやビール愛好家から
「TRAILS FOR ALES」として知られるようになり、
現在ではラン&ビアイベントの聖地とされている。

ランの後に乾杯をする際、一部欧米のランナーが
「TRAILS FOR ALES!」や「T.F.A!」と
声をかけあっているのを散見するが、
由来はこの物語とされている。

現在ザックは転居し、元の自宅は
TRAILS FOR ALES TAPROOMとして営業中。

余談だが、
渋谷円山町周辺の坂道はビール愛好家のトレイルランナーからは
「東京のTRAILS FOR ALESだ」と言われいてる。

*WALLA WALLAもBenington Lakeも実在しますが、
このストーリーは当然フィクションです。

Jerry UKAI-ジェリー鵜飼-
アートディレクター&イラストレーター。
アウトドアやアパレル、CDジャケットなど、
ファッション~カルチャー~ミュージックなど全方位にて活動中。
スタイリスト石川顕氏とブランド「ウルトラヘビー」を展開。

Price ¥5,200+tax
Material COTTON100%
Color WHITE / HEATHER GRAY
Size M / L